筧重忠(読み)かけい しげただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

筧重忠 かけい-しげただ

1512-1588 戦国-織豊時代の武将。
永正(えいしょう)9年生まれ。筧正重の兄。徳川家康の父松平広忠の臣。天文(てんぶん)16年(1547)織田信秀,松平忠倫による岡崎城攻めに際し,城主広忠の命をうけて忠倫を刺殺。のち丸根城攻めでも功をたてた。天正(てんしょう)16年死去。77歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android