コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壬申約条 じんしんやくじょう

2件 の用語解説(壬申約条の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じんしんやくじょう【壬申約条】

1512年(永正9∥朝鮮中宗7)に対馬の宗氏らを対象にして朝鮮から与えられた通交貿易の条件。1510年(永正7)に三浦(さんぽ)の乱といわれる朝鮮の乃而浦(ないじほ),富山浦,塩浦の3港に居留していた日本人の暴動事件が起こったため,対馬と朝鮮との通交関係はいっさい断絶した。宗氏は足利将軍や大内氏にたよって朝鮮と講和の折衝を行い,1512年にようやく通交を再開できたが,そのとき朝鮮側から与えられた通交の条件が壬申約条である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

壬申約条
じんしんやくじょう

1512年(永正9、朝鮮・中宗7)壬申の年、日本と朝鮮との間に成立した通交関係の条約。1510年、三浦(さんぽ)(乃而浦(だいじほ)、釜山浦(ふざんぽ)、塩浦(えんぽ))に住んでいた日本人(恒居倭(こうきょわ))が、朝鮮側の貿易統制と居住権圧迫に対し、対馬(つしま)島主宗盛順(そうもりより)の援助を得て暴動(三浦の乱)を起こして以来、日本と朝鮮の関係は断絶していた。そのため日本国王(足利(あしかが)将軍)使として僧弸中(ほうちゅう)が折衝し、この条約が結ばれた。内容は、(1)宗氏が朝鮮に出す歳遣船(さいけんせん)を25隻に半減し、(2)朝鮮が宗氏に与えていた歳賜米(さいしまい)・大豆(だいず)を100石に半減し、(3)宗氏の子、代官、受図書人(朝鮮側から交通の証憑(しょうひょう)を受けた者)・受職人(官職を与えられた者)などに与えていた米・大豆の賜給を廃止し、(4)三浦における日本人の居住を許さず、(5)往来は乃而浦に限定する、などであった。[北島万次]
『中村栄孝著『日鮮関係史の研究 上』(1969・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

壬申約条の関連キーワード朝鮮海峡対馬対馬海峡対馬焼対馬伊呂波KCNA九州朝鮮中高級学校宗盛弘宗義質宗義盛

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone