箕裘(読み)キキュウ

デジタル大辞泉の解説

き‐きゅう〔‐キウ〕【××裘】

父祖の。また、その業を継ぐこと。「箕裘を継ぐ」
[補説]よい弓職人の子は、父の仕事から柳の枝を曲げて(み)を作ることを学び、よい鍛冶屋(かじや)の子は、金鉄を溶かして器物を修繕する父の仕事から獣皮をつぎ合わせ裘(かわごろも)を作ることを学ぶという「礼記」学記の文による。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ききゅう【箕裘】

〔「礼記学記」による。弓工の子は父を見習って柳枝をたわめて箕を作ることを学び、鍛冶屋かじやの子は父が溶かした鉄で鍋釜を補修するのを見習って、獣皮をつづって裘かわごろもを作ることを学ぶ意から〕
父祖の業。家業。 「 -の業」 「 -を継ぐ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android