コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

算勘 サンカン

デジタル大辞泉の解説

さん‐かん【算勘】

占いをして考えること。
「陰陽道の輩を召さるるの上、参河守教隆、―に及ぶ」〈吾妻鏡・三六〉
数を数えること。そろばんで勘定すること。計算。
「それがしは算用―においては、世間に恐いものがござない」〈虎明狂・賽の目〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんかん【算勘】

数量を数えること。数の勘定。計算。 「知らぬ者の是程まで、-商読書の/浄瑠璃・五十年忌
算木の占いによって考えること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

算勘の関連キーワードスウィング・アカウントオープン・アカウントオープンアカウントオープン勘定決算残高勘定為替清算制度為替清算協定五十年忌外貨準備協定貿易決済同盟地方巧者仮勘定厳い事紛れる浄瑠璃向象賢勘定数量算道

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android