算盤をはじく(読み)そろばんをはじく

精選版 日本国語大辞典「算盤をはじく」の解説

そろばん【算盤】 を はじく

そろばんを用いて計算する。また、損得を計算する。
人情本・閑情末摘花(1839‐41)二「ぱちぱちと算盤(ソロバン)を弾(ハヂ)くは、その日の出入勘定なるべく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android