コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標尺 ヒョウシャク

百科事典マイペディアの解説

標尺【ひょうしゃく】

水準測量で用いる物差。細長い箱状の物差の一面に目盛が1cmごとに目盛ってあり,付属円形気泡(きほう)管でこの物差を地面に垂直に立てる。普通2本1組で使い,標尺の中間に水準儀をおいて水準測量を行う。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ひょうしゃく【標尺】

水準測量の際、垂直に立てて視準軸の高さを測るのに用いる、目盛り精度の高い尺。箱尺・スタジア尺・ミール・ロッドなどがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

標尺の関連キーワードマンセルの表色系直接水準測量スタジア測量スタジア尺水準標尺視距儀球分体潮汐

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android