コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標尺 ヒョウシャク

3件 の用語解説(標尺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐しゃく〔ヘウ‐〕【標尺】

水準測量で、計測点に垂直に立て、水準儀の水平視線の高さを読み取るための目盛り尺。箱尺・折れ尺などがある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

標尺【ひょうしゃく】

水準測量で用いる物差。細長い箱状の物差の一面に目盛が1cmごとに目盛ってあり,付属円形気泡(きほう)管でこの物差を地面に垂直に立てる。普通2本1組で使い,標尺の中間に水準儀をおいて水準測量を行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ひょうしゃく【標尺】

水準測量の際、垂直に立てて視準軸の高さを測るのに用いる、目盛り精度の高い尺。箱尺・スタジア尺・ミール・ロッドなどがある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

標尺の関連情報