箱枕(読み)はこまくら

精選版 日本国語大辞典「箱枕」の解説

はこ‐まくら【箱枕】

〘名〙
箱形木枕台形の箱のの上に、小という小さいくくり枕をのせ、その上に枕当て紙を重ねて結んで用いる。うるし塗の胴に金銀蒔絵などをしたものや、胴にひき出しなどがついたものもあった。
※俳諧・東日記(1681)坤「明の雪見松ぞ十かへり箱枕〈丸龍〉」
② (三味線の箱を枕にするの) 芸妓が売春すること。
※洒落本・六丁一里(1782)歌妓州「土産(ハコ)まくら 重箱」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「箱枕」の解説

箱枕【はこまくら】

江戸時代,男女ともに(まげ)を結うようになったため工夫された枕。木製の箱の上に小さな(くくり)枕(筒状の布にそばがらなどを詰めたもの)を載せたもので,髪形のくずれを防ぐため,首のつけねにあてがう。
→関連項目

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「箱枕」の解説

はこ‐まくら【箱枕】

箱形のの上に、小さなくくり枕をつけたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の箱枕の言及

【枕】より

…入れ子枕は箱を五つ,または七つ入れ子に作り,好みの高さのものを使うもので夢想枕ともよぶ。また沖縄にはフジョー(宝蔵)とよぶ蓋付きの箱枕があり,中が貴重品入れとなっているがこれなども木枕系であろう。 薦枕系は最初は篠,菅,稲,蔓などをただ束ねただけであったようだが,やがてこれらの草をこもに編んで巻いたり,巻いた中にさらに草を詰めたりするようになった。…

※「箱枕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android