篠原無然(読み)しのはら むぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

篠原無然 しのはら-むぜん

1889-1924 大正時代の社会事業家。
明治22年3月7日生まれ。早大を中退し,大正3年より岐阜県吉城郡上宝村にすむ。飛騨(ひだ)地方を中心に社会教育に尽力。名所史跡の設定,登山道の改修などもおこなう。大正13年11月14日雪の安房(あぼう)峠で遭難死した。36歳。兵庫県出身。本名は禄次。著作に「青年会の組織と事業」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android