コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篠原無然 しのはら むぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

篠原無然 しのはら-むぜん

1889-1924 大正時代の社会事業家。
明治22年3月7日生まれ。早大を中退し,大正3年より岐阜県吉城郡上宝村にすむ。飛騨(ひだ)地方を中心に社会教育に尽力。名所史跡の設定,登山道の改修などもおこなう。大正13年11月14日雪の安房(あぼう)峠で遭難死した。36歳。兵庫県出身。本名は禄次。著作に「青年会の組織と事業」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

篠原無然の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

篠原無然の関連情報