コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篠崎三島 しのざき さんとう

美術人名辞典の解説

篠崎三島

江戸後期の儒者。大坂生。小竹の養父。名は応道、字は安道、通称は長兵衛。片山北海に学ぶ。古註学派。著書に『都洲摘草』『浪華風雅』等がある。文化10年(1813)歿、77才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

篠崎三島 しのざき-さんとう

1737-1813 江戸時代中期-後期の儒者。
元文2年生まれ。大坂の人。商家をつぐ。菅甘谷(すが-かんこく)に徂徠(そらい)学をまなび,40歳で家塾梅花書屋をひらく。詩書,天文に通じ,尾藤二洲(びとう-じしゅう)ら朱子学者とまじわる。養子小竹(しょうちく)が家学をついだ。文化10年10月30日死去。77歳。名は応道。字(あざな)は安道。通称は長兵衛。別号に郁洲。著作に「碧紗籠集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の篠崎三島の言及

【篠崎小竹】より

…別号畏堂など。医家に生まれ,詩人篠崎三島(1737‐1813)の養子となった。若いころ江戸に出て古賀精里らに朱子学を学び,帰坂してからは養父に代わって門人の教育に当たった。…

※「篠崎三島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

篠崎三島の関連キーワード兼康百済尾芝静所広瀬筑梁篠崎小竹武内確斎岡它山

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

篠崎三島の関連情報