コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篠崎三島 しのざき さんとう

2件 の用語解説(篠崎三島の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

篠崎三島

江戸後期の儒者。大坂生。小竹の養父。名は応道、字は安道、通称は長兵衛。片山北海に学ぶ。古註学派。著書に『都洲摘草』『浪華風雅』等がある。文化10年(1813)歿、77才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

篠崎三島 しのざき-さんとう

1737-1813 江戸時代中期-後期の儒者。
元文2年生まれ。大坂の人。商家をつぐ。菅甘谷(すが-かんこく)に徂徠(そらい)学をまなび,40歳で家塾梅花書屋をひらく。詩書,天文に通じ,尾藤二洲(びとう-じしゅう)ら朱子学者とまじわる。養子小竹(しょうちく)が家学をついだ。文化10年10月30日死去。77歳。名は応道。字(あざな)は安道。通称は長兵衛。別号に郁洲。著作に「碧紗籠集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の篠崎三島の言及

【篠崎小竹】より

…別号畏堂など。医家に生まれ,詩人篠崎三島(1737‐1813)の養子となった。若いころ江戸に出て古賀精里らに朱子学を学び,帰坂してからは養父に代わって門人の教育に当たった。…

※「篠崎三島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

篠崎三島の関連キーワード羅城飯田雲台大橋重雅交寛美斎藤頼母皐月平砂(3代)三鍼高尾信福樗雲山下池亭

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone