コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篠田信時 しのだ のぶとき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

篠田信時 しのだ-のぶとき

1703-1773 江戸時代中期の槍術(そうじゅつ)家。
元禄(げんろく)16年生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)の浪人で,長尾資治に宝蔵院流槍術の皆伝をうける。宝暦5年越中富山藩につかえ師範役となる。子の信凭,信成も師範役となった。安永2年3月22日死去。71歳。通称は金右衛門。号は白膠(はくこう)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

篠田信時の関連キーワードモーツァルトムスタファ2世信仰復興運動大石良雄小野寺十内アソル(伯・侯・公家)アルンシュタットギュイヨン竹本座近松門左衛門

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android