コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

締める/閉める シメル

デジタル大辞泉の解説

し・める【締める/閉める】

[動マ下一][文]し・む[マ下二]
強く引っ張ったりひねったりして、緩みのないようにする。「三味線の糸を―・める」「元栓を―・める」「ねじを―・める」
長い布やひもなどを巻きつけて、緩まないように固く結ぶ。「帯を―・める」「ネクタイを―・める」
強く押しつけてしぼる。「ダイズを―・めて油をとる」

㋐(「緊める」とも書く)気持ち・態度などを緊張させる。また、管理を厳しくする。「気を―・めてかかる」「新入部員を―・める」「派を―・める存在」
㋑懲らしめる。とっちめる。「餓鬼大将を一度―・めてやろう」
出費を切り詰める。節約する。「交際費を―・める」「家計を―・める」
物事のまとまったことを祝ってみんなで一緒に手を打ち合わせる。手打ちする。「最後に手を―・めていただきましょう」
(「〆る」とも書く)そこまでを一区切りとして合計する。また、飲食店で会計を頼む。「売り上げを―・める」「いったん―・めてください」
(「〆る」とも書く)あれこれ飲み食いして、終わりの食べ物とする。「鍋料理は雑炊で―・めよう」
塩や酢で魚の身をひきしめる。「サバを酢で―・める」
10 魚の鮮度を保つため、血抜きをする。→活け締め
11 (閉める)あいていた窓や戸などをぴったりとじる。「雨戸を―・める」⇔開(あ)ける
12 (閉める)その営業・業務を終了する。また、廃業する。「店を―・める」「窓口は五時に―・めます」⇔開(あ)ける
13 取り決める。
「胸中残さずうち明けて、評議を―・めむといふ間もあらせず」〈浄・忠臣蔵
14 契りを結ぶ。
「―・めてはなれし身なりしを、また結びかへ行く旅の」〈浮・御前義経記・三〉
閉(と)じる[用法]
[下接句]勝って兜(かぶと)の緒を締めよ財布の紐(ひも)を締める箍(たが)を締める手綱を締める手を締める

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

締める/閉めるの関連キーワード綱打ち祝い・綱打ち祝fish pick財布の紐を締める締め込み・締込み財布の口を締める手綱を引き締めるcap bolt掛け下帯・掛下帯六角棒スパナトルクレンチ真空巻締め法宛帯・当帯上帯・表帯ムリダンガ繰締の鐶伊達締め一重結び熱間充填胴締め下締め

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android