コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

締める/閉める シメル

1件 の用語解説(締める/閉めるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

し・める【締める/閉める】

[動マ下一][文]し・む[マ下二]
強く引っ張ったりひねったりして、緩みのないようにする。「三味線の糸を―・める」「元栓を―・める」「ねじを―・める」
長い布やひもなどを巻きつけて、緩まないように固く結ぶ。「帯を―・める」「ネクタイを―・める」
強く押しつけてしぼる。「ダイズを―・めて油をとる」

㋐(「緊める」とも書く)気持ち・態度などを緊張させる。また、管理を厳しくする。「気を―・めてかかる」「新入部員を―・める」「派を―・める存在」
㋑懲らしめる。とっちめる。「餓鬼大将を一度―・めてやろう」
出費を切り詰める。節約する。「交際費を―・める」「家計を―・める」
物事のまとまったことを祝ってみんなで一緒に手を打ち合わせる。手打ちする。「最後に手を―・めていただきましょう」
(「〆る」とも書く)そこまでを一区切りとして合計する。「売り上げを―・める」
(「〆る」とも書く)あれこれ飲み食いして、終わりの食べ物とする。「鍋料理は雑炊で―・めよう」
塩や酢で魚の身をひきしめる。「サバを酢で―・める」
10 魚の鮮度を保つため、血抜きをする。→活け締め
11 (閉める)あいていた窓や戸などをぴったりとじる。「雨戸を―・める」⇔開(あ)ける
12 (閉める)その営業・業務を終了する。また、廃業する。「店を―・める」「窓口は五時に―・めます」⇔開(あ)ける
13 取り決める。
「胸中残さずうち明けて、評議を―・めむといふ間もあらせず」〈浄・忠臣蔵
14 契りを結ぶ。
「―・めてはなれし身なりしを、また結びかへ行く旅の」〈浮・御前義経記・三〉
閉(と)じる[用法]
[下接句]勝って兜(かぶと)の緒を締めよ財布の紐(ひも)を締める箍(たが)を締める手綱を締める手を締める

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

締める/閉めるの関連キーワード赤める翳める皺める初める高める弛める泊める悩める平める辞める

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone