締める(読み)シメル

デジタル大辞泉「締める」の解説

し・める【締める/閉める】

[動マ下一][文]し・む[マ下二]
強く引っ張ったりひねったりして、緩みのないようにする。「三味線の糸を―・める」「元栓を―・める」「ねじを―・める」
長い布やひもなどを巻きつけて、緩まないように固く結ぶ。「帯を―・める」「ネクタイを―・める」
鍵などで固定して動かないようにする。「鍵を―・める」
強く押しつけてしぼる。「ダイズを―・めて油をとる」

㋐(「緊める」とも書く)気持ち・態度などを緊張させる。また、管理を厳しくする。「気を―・めてかかる」「新入部員を―・める」「派を―・める存在」
㋑懲らしめる。とっちめる。「餓鬼大将を一度―・めてやろう」
出費を切り詰める。節約する。「交際費を―・める」「家計を―・める」
物事のまとまったことを祝ってみんなで一に手を打ち合わせる。手打ちする。「最後に手を―・めていただきましょう」
(「〆る」とも書く)そこまでを一区切りとして合計する。また、飲食店で会計を頼む。「売り上げを―・める」「いったん―・めてください」
(「〆る」とも書く)あれこれ飲み食いして、終わりの食べ物とする。「鍋料理は雑炊で―・めよう」
10 (「〆る」とも書く)塩やで魚の身をひきしめる。「サバを酢で―・める」
11 魚の鮮度を保つため、血抜きをする。→活け締め
12 (閉める)あいていた窓やなどをぴったりとじる。「雨戸を―・める」⇔ける
13 (閉める)その営業・業務を終了する。また、廃業する。「店を―・める」「窓口は五時に―・めます」⇔ける
14 取り決める。
胸中残さずうち明けて、評議を―・めむといふ間もあらせず」〈忠臣蔵
15 契りを結ぶ。
「―・めてはなれし身なりしを、また結びかへ行く旅の」〈御前義経記・三〉
じる[用法]
[下接句]勝ってかぶとの緒を締めよ財布のひもを締めるたがを締める手綱を締める手を締める
[類語]締め付ける引き締める閉じる閉ざすふさぐたてる閉め切る畳むふうずるさえぎはば遮断する封鎖する閉鎖する閉塞へいそくする

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android