コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恭敬 キョウケイ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐けい【恭敬】

[名](スル)つつしみ、うやまうこと。くぎょう。
「畏まって慇懃―を尽した青年」〈魯庵社会百面相

く‐ぎょう〔‐ギヤウ〕【敬】

つつしみうやまうこと。きょうけい。
「梵天(ぼんでん)、帝釈(たいしゃく)および諸天皆―せん」〈今昔・一・一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうけい【恭敬】

( 名 ・形動 ) スル [文] ナリ 
〔もと仏語〕
つつしみうやまう・こと(さま)。 「 -の意を表す」 「他人を-するは吾が当然の分にして/西国立志編 正直」 「その人となり、和悦-にして/西国立志編 正直

くぎょう【恭敬】

( 名 ) スル
つつしみうやまうこと。きょうけい。 「礼拝-して数珠はらはらとおしもみ/曽我 7

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

恭敬の関連キーワード魏志倭人伝(読み下し)西国立志編杉百合之助会沢正志斎神村正鄰偏袒右肩伊藤東里北渓字義蘇我馬子荘厳具土下座浄土宗三礼文礼拝篤敬和南九拝供養朝覲帝釈

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

恭敬の関連情報