(読み)トク

精選版 日本国語大辞典の解説

あずあづし【篤】

あつし【篤】

〘形シク〙 (「あづし」か) 病気がちである。病弱である。また、病気が重い。
※天理本金剛般若経集験記平安初期点(850頃)「気力虚(うつけ)(アツシク)なりし時」
※源氏(1001‐14頃)桐壺「いとあつしくなりゆき、もの心ぼそげに里がちなるを」
※色葉字類抄(1177‐81)「支離 アヅシ 病也」
[語誌](1)第二音節の清濁については、引用の色葉例のほか、「観智院本名義抄」の「支離」「煦」の訓の「アツシ」の「ツ」に濁声点が見られ、当時濁音だったことが推測される。
(2)「あつかう(熱)」「あつしる」「あつゆ(篤)」などと同語源の語か。
あつし‐さ
〘名〙

あつ・ゆ【篤】

[1] 〘自ヤ下二〙 病気が重くなる。あつしる。
※書紀(720)雄略二三年八月(前田本訓)「謂(おも)はざりき、(やまひ)彌留(アツエ)(〈別訓〉あつしれ)て、大漸(とこつくに)に至るといふことを」
[2] 〘自ヤ上二〙 (一)に同じ。
※源氏(1001‐14頃)澪標「おとどうせ給ひ、大宮も頼もしげなくのみ、あつい給へるに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

篤の関連情報