コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

簾座 すだれざ

世界大百科事典 第2版の解説

すだれざ【簾座】

室町時代,すだれを販売した商人の座。伊予すだれ,難波の葦すだれと並んで有名な大和の萱すだれを販売した商人の座が知られる。奈良座と乙木座の二つがあった。奈良座は奈良では,興福寺に対し維摩会,若宮祭礼の際に,また興福寺一乗院に対しては定例の公事を納め,京都では賀茂葵祭にすだれを奉仕し,本所一条家に公事を納めた。福寺以北の大和国内(奈良を含む)と京都におけるすだれの販売権は奈良座が独占していた。このすだれを生産していたのは大和乙木荘の住民であり,奈良座の商人は住民からすだれを買い取っていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

簾座の関連キーワード室町時代

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android