簾座(読み)すだれざ

世界大百科事典 第2版の解説

すだれざ【簾座】

室町時代,すだれを販売した商人伊予すだれ難波葦すだれと並んで有名な大和の萱すだれを販売した商人の座が知られる。奈良座乙木座の二つがあった。奈良座は奈良では,興福寺に対し維摩会,若宮祭礼の際に,また興福寺一乗院に対しては定例の公事を納め,京都では賀茂葵祭にすだれを奉仕し,本所一条家に公事を納めた。福寺以北の大和国内(奈良を含む)と京都におけるすだれの販売権は奈良座が独占していた。このすだれを生産していたのは大和乙木荘の住民であり,奈良座の商人は住民からすだれを買い取っていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android