定例(読み)テイレイ

  • じょうれい〔ヂヤウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 定まったならわし。前々からきまっているしきたり。じょうれい。
※随筆・秉燭譚(1729)五「凡て言辞の道、字に定例あるにあらず。古来より用付たる上をのづから貴賤敬慢の体わかるることなり」
② 定期的に行なわれること。継続的に行なわれる会議などで、あらかじめ、その日時などに規定のあるもの。臨時に対していう。
③ 決まっていて、まちがいのないこと。必ず。
※島崎金次郎宛大田南畝書簡‐享和元年(1801)六月二三日「此分にては定例歳暮に金五百匹参り申候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定例の関連情報