定例(読み)ていれい

精選版 日本国語大辞典「定例」の解説

てい‐れい【定例】

〘名〙
まったならわし。前々からきまっているしきたり。じょうれい。
※随筆・秉燭譚(1729)五「凡て言辞の道、字に定例あるにあらず。古来より用付たる上をのづから貴賤敬慢の体わかるることなり」
② 定期的に行なわれること。継続的に行なわれる会議などで、あらかじめ、その日時などに規定のあるもの。臨時に対していう。
③ 決まっていて、まちがいのないこと。必ず。
※島崎金次郎宛大田南畝書簡‐享和元年(1801)六月二三日「此分にては定例歳暮に金五百匹参り申候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「定例」の解説

てい‐れい【定例】

以前からの定まったやり方。ならわし。じょうれい。「定例に従う」
定期的に行うことになっていること。「定例閣議」
[類語]通例慣例恒例慣行習い習わし仕来しきた常例世の常世の習い例によって例の如し定式じょうしき形式定型定法じょうほう常道作法定石パターン

じょう‐れい〔ヂヤウ‐〕【定例】

ていれい(定例)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android