コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米川常伯 よねかわ じょうはく

1件 の用語解説(米川常伯の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

米川常伯 よねかわ-じょうはく

?-1676 江戸時代前期の香道家。
香道を坂内宗拾の門人である京都相国寺の蘭秀にまなぶ。のち米川流をひらいた。紅商人として御所に出入りし,東福門院の香道指南もしたといわれる。延宝4年7月20日死去。通称は小紅屋三右衛門。号は東庵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の米川常伯の言及

【香道】より

…香木を素材とする聞香(ぶんこう∥もんこう)の芸道を香道という。日本独自のもので他に類例をみない。成立は室町時代末期であるが,奈良時代以来の前史がある。
[前史]
 香木が登場する奈良時代の香は,もっぱら神仏に供えられたが,平安時代には部屋にたきこめたり,着物に移香するための空薫(空香)物(そらだきもの)(練香(ねりこう))が盛行,精緻な発達をみせた。やがて,その艶麗華雅な創作を鑑賞し,2種の薫物の優劣を競う薫物合(たきものあわせ)が興る。…

※「米川常伯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

米川常伯の関連キーワード風早実種五香青木神叔小野紹廉小野弥助後藤林乗志村常仙鶴瀬長六郎蜂谷宗悟宮城春意

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone