コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米朝枠組み合意 べいちょうわくぐみごうい

2件 の用語解説(米朝枠組み合意の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

米朝枠組み合意
べいちょうわくぐみごうい

米朝基本合意ともいう。朝鮮民主主義人民共和国 (北朝鮮) の核問題を解消し,関係改善をはかるため,1994年 10月にアメリカと北朝鮮との間で合意した協定。北朝鮮の核開発疑惑によって生じた朝鮮半島の緊張は,1993年3月,北朝鮮の核兵器不拡散条約 NPTからの脱退表明で一気に高まった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

米朝枠組み合意

94年10月に米朝両国間で作られた包括的な合意。北朝鮮の核開発凍結の見返り軽水炉2基を建設▽完成まで米国中心に年間50万トンの重油を供給――などが盛り込まれた。事業主体として朝鮮半島エネルギー開発機構(KEDO)が設立されたが、軽水炉建設や重油供給は大きく遅延。02年には北朝鮮の新たな核開発疑惑が発覚、合意は事実上崩壊した。

(2007-02-07 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

米朝枠組み合意の関連情報