コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米谷ふみ子 コメタニフミコ

2件 の用語解説(米谷ふみ子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こめたに‐ふみこ【米谷ふみ子】

[1930~ ]小説家。大阪の生まれ。本名、富美子(ふみこ)。米国に留学後米国人作家と結婚、小説の道に入る。「過越しの祭」で芥川賞受賞。他に「遠来の客」「ファミリー・ビジネス」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

米谷ふみ子 こめたに-ふみこ

1930- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和5年11月15日生まれ。抽象画家をこころざし,関西女流美術賞をうける。昭和35年アメリカに留学,アメリカ人作家と結婚。自身の体験をとりいれて小説をかきはじめ,60年「遠来の客」で文学界新人賞,61年「過越しの祭」で芥川賞,平成10年「ファミリービジネス」で女流文学賞。大阪出身。大阪女子大卒。本名は富美子。作品はほかに「風転草」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

米谷ふみ子の関連キーワード赤江瀑笹沢左保三田誠広石和鷹石川喬司梅本育子竹内泰宏西村寿行福田紀一山田稔(2)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

米谷ふみ子の関連情報