粗氷(読み)ソヒョウ

大辞林 第三版の解説

そひょう【粗氷】

霧氷の一種。空気中の過冷却した微細な水滴が地物や樹木に凍りつき、無数の氷粒の層となったもの。樹氷に比べ、氷は透明に近く、また粒子の形もはっきりしない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そ‐ひょう【粗氷】

〘名〙 霧氷(むひょう)の一つ。過冷却された霧粒が樹木や岩などに凍りついてできる透明または半透明の氷のかたまり。無定形で、温度が摂氏零度に近いときにできる。《季・冬》

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の粗氷の言及

【樹氷】より

…主として地表付近の気温が0℃以下になったとき,樹木や地物の表面に大気中の水蒸気が直接昇華したり,また過冷却雲粒が付着し凍結してできた氷を総称して霧氷というが,氷のでき方によって,樹霜,樹氷,粗氷の3種に分けられる。樹氷は過冷却雲粒が冷たい樹木や地物につぎつぎに衝突し,瞬間的に凍り,たくさんの氷の粒からなる白色不透明の氷で,あられのでき方と同じと考えてよい。…

【霧氷】より

…主として地表付近の気温が0℃以下になったとき,樹木や地物の表面に大気中の水蒸気が直接昇華したり,または過冷却雲粒が付着し凍結してできた氷。でき方によって,樹霜,樹氷,粗氷に分けられる。(1)樹霜air hoar おもに水蒸気の昇華によって樹木などにできる針状,板状,樹枝状をした氷の結晶。…

※「粗氷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android