粟漬け(読み)あわづけ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

粟漬け
あわづけ

魚の酢漬けの一種で、蒸した粟を加えたもの。材料にはイワシ、コノシロ(コハダ)など、表面が青白く光っている小魚を用いる。作り方は、材料の魚の頭と「わた」、骨を除き、塩でしめたのち、酢に漬ける。粟を蒸し、冷まし、これにショウガのみじん切り、赤唐辛子の輪切りにしたものを加え、魚と交互に重ねて容器に漬け、重石(おもし)をかける。年末から正月にかけてよくつくられる。[河野友美・大滝 緑]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android