(読み)アワ

デジタル大辞泉の解説

あわ〔あは〕【×粟】

イネ科の一年草。五穀の一。高さ約1.5メートル。葉は細長く、互生する。秋、茎の頂に長く太い円柱形の花穂を1本出す。実は小粒で黄色。糯(もち)粳(うる)とがある。古くから栽培され、粟飯粟餅などにして食べ、また飴(あめ)・酒の原料、小鳥の飼料にする。 秋》「―垂るる修学院の径(こみち)かな/風生
恐怖や寒さのため、皮膚一面にできる粟粒のようなぶつぶつ。「肌にを生じる」

ぞく【×粟】

あわ。
穀類。また、扶持米。「を食(は)む」
「金を軽くし―を重くす」〈方丈記
容積の単位。勺(しゃく)の1万分の1。

ぞく【粟】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ゾク(慣) [訓]あわ
穀物の名。あわ。「粟散粟粒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あわ【粟】

イネ科の一年草。ヒエとともに古くから栽培される。高さ約1メートル。夏から秋に花穂を出し、多数の穎果えいかをつける。五穀の一つで、飯や餅・団子にしたり、酒・飴あめなどの原料。また、小鳥の飼料とする。ぞく。 [季] 秋。
寒さや恐ろしさなどのために毛穴が縮み、皮膚に生じるぶつぶつ。 「肌に-を生ずる」
[句項目] 粟散らす国

ぞく【粟】

あわ。
穀物。食糧。また、俸禄。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

粟 (アワ)

学名:Setaria italica
植物。イネ科一年草,園芸植物

粟 (コアワ)

学名:Setaria italica var.germanica
植物。イネ科の一年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぞく【粟】

〘名〙
① 粟(あわ)。また、日ごろ食する穀類や官吏に与えられる扶持米をいう。
※菅家文草(900頃)四・納涼小宴「遠望苗抽一レ緑、遙思粟衍一レ紅」
※方丈記(1212)「たまたま換ふるものは金を軽くし、粟を重くす」 〔書経‐仲虺之誥〕
② 容積の単位。圭(けい)の一〇分の一。勺の一万分の一。
③ 植物「こあわ(小粟)」の漢名。
④ 「もちごめ(糯米)」の異称。〔薬品手引草(1778)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

粟の関連情報