コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アワ

デジタル大辞泉の解説

あわ〔あは〕【×粟】

イネ科の一年草。五穀の一。高さ約1.5メートル。葉は細長く、互生する。秋、茎の頂に長く太い円柱形の花穂を1本出す。実は小粒で黄色。糯(もち)粳(うる)とがある。古くから栽培され、粟飯粟餅などにして食べ、また飴(あめ)・酒の原料、小鳥の飼料にする。 秋》「―垂るる修学院の径(こみち)かな/風生
恐怖や寒さのため、皮膚一面にできる粟粒のようなぶつぶつ。「肌にを生じる」

ぞく【×粟】

あわ。
穀類。また、扶持米。「を食(は)む」
「金を軽くし―を重くす」〈方丈記
容積の単位。勺(しゃく)の1万分の1。

ぞく【粟】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ゾク(慣) [訓]あわ
穀物の名。あわ。「粟散粟粒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あわ【粟】

イネ科の一年草。ヒエとともに古くから栽培される。高さ約1メートル。夏から秋に花穂を出し、多数の穎果えいかをつける。五穀の一つで、飯や餅・団子にしたり、酒・飴あめなどの原料。また、小鳥の飼料とする。ぞく。 [季] 秋。
寒さや恐ろしさなどのために毛穴が縮み、皮膚に生じるぶつぶつ。 「肌に-を生ずる」
[句項目]

ぞく【粟】

あわ。
穀物。食糧。また、俸禄。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

粟 (アワ)

学名:Setaria italica
植物。イネ科一年草,園芸植物

粟 (コアワ)

学名:Setaria italica var.germanica
植物。イネ科の一年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

粟の関連キーワード福島県二本松市沖粟散らす国大海の一滴粟飯原常基糯粟・秫板野命婦宇留之禰粟散辺土粔籹種垂り穂粟散王扶持米五穀米粟散国猪不食粟団子粟田口新嘗一粟粟麩

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

粟の関連情報