コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 アワ

5件 の用語解説(粟の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あわ〔あは〕【×粟】

イネ科の一年草。五穀の一。高さ約1.5メートル。葉は細長く、互生する。秋、茎の頂に長く太い円柱形の花穂を1本出す。実は小粒で黄色。糯(もち)粳(うる)とがある。古くから栽培され、粟飯粟餅などにして食べ、また飴(あめ)・酒の原料、小鳥の飼料にする。 秋》「―垂るる修学院の径(こみち)かな/風生
恐怖や寒さのため、皮膚一面にできる粟粒のようなぶつぶつ。「肌にを生じる」

ぞく【×粟】

あわ。
穀類。また、扶持米。「を食(は)む」
「金を軽くし―を重くす」〈方丈記
容積の単位。勺(しゃく)の1万分の1。

ぞく【粟】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ゾク(慣) [訓]あわ
穀物の名。あわ。「粟散粟粒

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あわ【粟】

イネ科の一年草。ヒエとともに古くから栽培される。高さ約1メートル。夏から秋に花穂を出し、多数の穎果えいかをつける。五穀の一つで、飯や餅・団子にしたり、酒・飴あめなどの原料。また、小鳥の飼料とする。ぞく。 [季] 秋。
寒さや恐ろしさなどのために毛穴が縮み、皮膚に生じるぶつぶつ。 「肌に-を生ずる」
[句項目]

ぞく【粟】

あわ。
穀物。食糧。また、俸禄。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

粟の関連キーワード犬稗草葦五穀の神雀の茶挽庭埃蓑米米茅糠黍沼茅

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

粟の関連情報