少糖類(読み)しょうとうるい(英語表記)oligosaccharide

翻訳|oligosaccharide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

少糖類
しょうとうるい
oligosaccharide

オリゴオリゴサッカライド,果糖類ともいう。単糖類分子が2分子,3分子,…,6分子グリコシド結合してできている二糖類,三糖類,…,六糖類などをさす。糖分子の結合様式により,還元性少糖類,非還元性少糖類といわれる。ショ糖はブドウ糖と果糖各1分子から成る非還元性少糖類の代表的なものである。少糖類の重要な特徴として,(1) 消化吸収されずに大腸まで届く,(2) ビフィズス菌の餌になりビフィズス菌などの乳酸菌 (有用菌) をふやして腸の働きを活発にさせる,(3) 悪玉菌の餌にならない,の3点があげられる。このため,飲料のほか,健康食品や機能性食品の素材としても用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうとう‐るい〔セウタウ‐〕【少糖類】

炭水化物のうち、単糖類が2~10個くらい結合した糖類総称オリゴ糖単糖類の数により、二糖類・三糖類などという。さまざまな種類があり、砂糖よりもカロリーが低いので清涼飲料甘味料に使われる。また、人間の消化管で消化されにくいものは、腸内細菌の栄養分となってビフィズス菌などを増やすとして注目されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうとうるい【少糖類】

糖類のうち、構成単糖類の分子数が二個ないし一〇個ぐらいのものの総称。二糖類のスクロース(ショ糖)やマルトース(麦芽糖)など。オリゴ糖類。寡糖類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android