コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糸状虫症(フィラリア症) しじょうちゅうしょうふぃらりあしょう

1件 の用語解説(糸状虫症(フィラリア症)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しじょうちゅうしょうふぃらりあしょう【糸状虫症(フィラリア症)】

 アカイエカトウゴウヤブカなどの蚊(か)に刺されたときに、ミクロフィラリアという幼虫が体内に侵入して感染します。熱帯、亜熱帯地域に多く、日本では、かつてバンクロフト糸状虫マレー糸状虫がみられましたが、現在は発生がありません。
●症状
 感染すると、初めに「くさふるい」と呼ばれる震えをともなう発熱がみられます。成虫がリンパ管に寄生すると、炎症をおこして皮膚が腫(は)れます。尿がミルクのように白く濁ったり(乳糜尿(にゅうびにょう))、これに血液が混じったり(乳糜血尿(にゅうびけつにょう))します。
 慢性化すると、皮下組織が線維化して増殖(ぞうしょく)し、陰嚢(いんのう)、大陰唇(だいいんしん)、手足、乳房などの皮膚が象の皮膚のようになります。これがいわゆる象皮病(ぞうひびょう)です。
 マレー糸状虫症では、手足の象皮病がおもです。
●治療
 治療は、ジエチルカルバマジンを2週間内服します。象皮病や陰嚢水腫(いんのうすいしゅ)がおこったときには外科的に手術をするか、副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンコーチゾン)を注射します。
●予防
 流行地にでかけるときには、蚊に刺されないように注意しましょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

糸状虫症(フィラリア症)の関連キーワード常夜灯赤家蚊家蚊地下家蚊夜盗うごうご終夜灯藪蚊藪陰

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone