厚鬢(読み)アツビン

デジタル大辞泉の解説

あつ‐びん【厚×鬢】

江戸時代の男の髪形の一。月代(さかやき)を狭くそり、両鬢を広くふっくらと結うもの。上品とされた。神官などに多い。⇔薄鬢

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あつびん【厚鬢】

江戸時代の男の髪の結い方の一。月代さかやきを狭く剃り、左右の鬢を広く剃り残して厚くふっくらとさせ、髻もとどりを高く結うもの。 ⇔ 薄鬢

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あつ‐びん【厚鬢】

〘名〙 髪形の一つ。頭の中央から額へかけて髪をせまくそり落とし、左右にふさふさと結い分け、髻(もとどり)を高く結った髪。昔、神主などが結った髪の形で、上品、温雅なものとされた。⇔糸鬢(いとびん)
※俳諧・物種集(1678)「能太夫ゑほし桜の陰見えて 柳の髪やあつ鬢の先〈宗恭〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android