コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀俊長 きい としなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀俊長 きい-としなが

?-? 南北朝-室町時代の神職,歌人。
紀俊文の孫。紀伊(きい)日前(ひのくま)・国懸(くにかかす)神宮(和歌山県)の神主。応永5年(1398)後小松天皇侍従。従三位。12年出家して摂津琴浦(兵庫県)に隠棲。歌が「新後拾遺和歌集」「新続古今和歌集」に3首おさめられている。法名は宗傑。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

紀俊長の関連キーワード室町時代紀行文紀親文南北朝紀俊文神職歌人

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android