コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀太理兵衛(初代) きた りへえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀太理兵衛(初代) きた-りへえ

1603-1678 江戸時代前期の陶工。
慶長8年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)信楽(しがらき)の人。京都粟田口(あわたぐち)で修業する。慶安(けいあん)2年讃岐(さぬき)高松藩主松平頼重(よりしげ)の御用焼物師となり,名を森島作兵衛重利から紀太理兵衛とあらため,高松焼(一名理兵衛焼)を創始。野々村仁清(にんせい)風の色絵陶器をつくった。延宝6年3月4日死去。76歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

紀太理兵衛(初代)の関連キーワード陶工

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android