コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀太理兵衛 きた・りへえ

朝日日本歴史人物事典の解説

紀太理兵衛

没年:延宝6.3.4(1678.4.24)
生年:慶長8(1603)
江戸初期の高松の陶工。近江(滋賀県)信楽の出で,もと森島作兵衛重利といった。父は豊臣秀吉の旗本であったが,郷里にもどり製陶にたずさわっていた。重利は父の業を継ぎ,京に上り,粟田口で修業を積んでいたが,慶安2(1649)年に高松藩主松平頼重に召し抱えられ,名を紀太理兵衛と改め,以後御用焼物師を勤めた。作風は京焼の色絵陶器を主流とし,茶道具や装飾具も作ったという。作品には銘はなく,俗に古理兵衛と呼ぶ。以後紀太家は家業を守り,13代の当主がその伝統を受け継いでいる。<参考文献>豊田基「讃岐のやきもの」(『日本やきもの集成』10巻)

(矢部良明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

紀太理兵衛の関連キーワード紀太理兵衛(初代)紀太理兵衛(2代)紀太理兵衛(4代)紀太理兵衛(3代)紀太理兵衛(5代)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android