コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀広浜 きの ひろはま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀広浜 きの-ひろはま

759-819 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
天平宝字(てんぴょうほうじ)3年生まれ。紀古佐美(こさみ)の長男。紀末成(すえなり)の兄。大同(だいどう)4年畿内観察使となり右大弁をかねる。5年参議,弘仁(こうにん)2年右兵衛督(うひょうえのかみ)を兼任。3年「日本書紀」の講義にくわわる。のち摂津住吉郡(大阪府)に10町(約9.9ha)の田をあたえられた。10年正四位下。弘仁10年7月2日死去。61歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

紀広浜の関連キーワード天平宝字公卿

今日のキーワード

フェイクニュース大賞

第45代米国大統領のドナルド・トランプが、自らについての報道の中で事実と異なる不公平な報道をしたと主張する、2017年のニュースに贈った賞。18年1月17日に自身のTwitterで発表し、共和党のウェ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android