コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀広浜 きの ひろはま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀広浜 きの-ひろはま

759-819 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
天平宝字(てんぴょうほうじ)3年生まれ。紀古佐美(こさみ)の長男。紀末成(すえなり)の兄。大同(だいどう)4年畿内観察使となり右大弁をかねる。5年参議,弘仁(こうにん)2年右兵衛督(うひょうえのかみ)を兼任。3年「日本書紀」の講義にくわわる。のち摂津住吉郡(大阪府)に10町(約9.9ha)の田をあたえられた。10年正四位下。弘仁10年7月2日死去。61歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

紀広浜の関連キーワード天平宝字公卿

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android