糞置荘(読み)くそおきのしょう

百科事典マイペディアの解説

糞置荘【くそおきのしょう】

越前国足羽(あすわ)郡にあった東大寺領の初期荘園。現在の福井市南部の二上(ふたがみ)町・帆谷(ほだに)町付近に比定される。759年の開田地図では糞置村として合計15町1反余,うち開田2町5反余・未開12町5反余。766年の開田地図では合計15町8反余とあまり変化はないが,口分田(くぶんでん)・墾田を改正・相替・買得によって排除し,荘域の一円化を図っており,また開田面積は4町2反余であった。951年足羽郡庁は東大寺に糞置荘の田地の所在を知らないと報告しており,すでに実体を失っていたことが知られる。開田地図は越前国司と東大寺の検田使が検田を行い,その結果を描いたもので,759年の地図には荘周辺の景観が色を用いて大和絵風に描かれている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くそおきのしょう【糞置荘】

東大寺領の古代荘園。越前国足羽郡糞置村にあり,現福井市南部,二上町・帆谷町地域に比定されている。759年(天平宝字3)および766年(天平神護2)の開田地図が残存し,初期荘園研究上の重要な史料である。この荘園の成立時期・事情は不明であるが,759年には15町1段余の荘域をかかえ,うち開田面積は2町5段余であった。766年には荘域15町8段余でほとんど変化はないが,荘域内の口分田・墾田を改正・買得・相替によって排除し,一円化を図った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

糞置荘
くそおきのしょう

越前国足羽郡(あすわぐん)にあった東大寺領の荘。現在の福井市二上(ふたがみ)・帆谷(ほだに)・太田の各町に比定される。759年(天平宝字3)と766年(天平神護2)の2つの開田図(かいでんず)が正倉院に伝存する。前者で、開田2町5段316歩、未開田12町5段288歩とあるのが、後者(正確には開田図ではなく「改定その他の図」)では、開田4町2段11歩、未開田11町6段257歩となっており、開田部分は1町6段55歩の増、未開地の部分は9段31歩の減となっている。また、荘域内に存在する口分田(くぶんでん)、墾田(こんでん)の一円化が図られているのもわかる。この荘の実態は、政府の支援のもとに地域振興策が図られたものである。しかし951年(天暦5)の足羽郡庁牒によれば、平安中期には荒廃していたことがうかがわれる。[奥野中彦]
『奥野中彦著『荘園史と荘園絵図』(2010・東京堂出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

糞置荘の関連情報