コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀親文 きい ちかふみ

1件 の用語解説(紀親文の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀親文 きい-ちかふみ

?-? 南北朝時代の神職,歌人。
紀俊文の子。紀俊長の父。代々紀伊(きい)日前(ひのくま)・国懸(くにかかす)神宮(和歌山県)の神主。はじめ南朝につかえ,従三位。北朝に転じ,暦応(りゃくおう)3=興国元年(1340)従五位下。のち四位,左京大夫にいたる。「新後拾遺和歌集」に2首,「新葉和歌集」に1首がはいっている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

紀親文の関連キーワード津守国夏紀行文吉野朝時代長田宗忠紀俊連紀俊長紀俊文周嗣津守国量中臣祐臣

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone