コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀親文 きい ちかふみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀親文 きい-ちかふみ

?-? 南北朝時代の神職,歌人。
紀俊文の子。紀俊長の父。代々紀伊(きい)日前(ひのくま)・国懸(くにかかす)神宮(和歌山県)の神主。はじめ南朝につかえ,三位。北朝に転じ,暦応(りゃくおう)3=興国元年(1340)従五位下。のち四位,左京大夫にいたる。「新後拾遺和歌集」に2首,「新葉和歌集」に1首がはいっている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

紀親文の関連キーワード南北朝時代紀俊文歌人神職

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android