約分(読み)ヤクブン

デジタル大辞泉の解説

やく‐ぶん【約分】

[名](スル)分数・分数式の分母と分子を公約数で割り、簡単な分数・分数式にすること。通約。→倍分通分

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やくぶん【約分 reduction of fraction】

分母分子が整数であるような分数b/aにおいて,ca,bの共通因数であれば,分母分子をcで割っても分数の値は変わらない。このように,分数の値を変えずに,分母分子の共通因数を少なくする操作を分という。例えば16/18を約分すれば,8/9が得られる。分母が負のとき,分母分子に-1をかけて,分母を正にするのも約分の一種と考えることもある。約分のできない分数を既約分数という。 分数式の場合の約分も同様である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

やくぶん【約分】

( 名 ) スル
〘数〙 分数の分子と分母を共通の約数で割って簡単な分数にすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

約分
やくぶん

分数があるとき、その分子と分母を、それらの公約数で割って、初めの分数の分子と分母よりそれぞれ小さい分子、分母をもつ分数をつくることをいう。この場合、分子、分母の最大公約数で割ると、もはや約分できない形になる。このような形の分数を既約分数といい、それは分子、分母の最大公約数が1である分数といえる。分数は約分して既約分数に表すのが普通である。[三輪辰郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

やく‐ぶん【約分】

〘名〙 分数または分数式の分子と分母を、共通な約数で割って、その分数または分数式を簡単にすること。通約。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android