通分(読み)ツウブン

デジタル大辞泉の解説

つう‐ぶん【通分】

[名](スル)分母が異なる二つ以上の分数を、大きさは変えないで、それぞれ共通な分母の分数に直すこと。約分倍分を用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つうぶん【通分】

いくつかの分数があるとき,それらの各分数の分母,分子に適当な数をかけて,分母を共通にすることを通分するという。共通の分母としては,与えられたいくつかの分数の分母の最小公倍数をとればよい。これは,分数の加法,減法を行うときや,分数の大小を調べるときに有効である。例えば,とを通分すれば,となり,ということがわかる。 また,分数式は,とすることができる。【杉江 徹】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

つうぶん【通分】

( 名 ) スル
分母の異なる二つ以上の分数を、その値を変えることなく、おのおの共通の分母をもつ分数にすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

通分の関連情報