コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通分 ツウブン

4件 の用語解説(通分の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つう‐ぶん【通分】

[名](スル)分母が異なる二つ以上の分数を、大きさは変えないで、それぞれ共通な分母の分数に直すこと。約分倍分を用いる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

通分【つうぶん】

分母の異なるいくつかの分数を,各分数の値を変化させずに同じ分母(公分母)をもつ分数に直すこと。ふつう公分母は各分母の最小公倍数公倍数)とする。→約分

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つうぶん【通分】

いくつかの分数があるとき,それらの各分数の分母,分子に適当な数をかけて,分母を共通にすることを通分するという。共通の分母としては,与えられたいくつかの分数の分母の最小公倍数をとればよい。これは,分数の加法,減法を行うときや,分数の大小を調べるときに有効である。例えば,とを通分すれば,となり,ということがわかる。 また,分数式は,とすることができる。【杉江 徹】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

通分の関連情報