コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通分 ツウブン

デジタル大辞泉の解説

つう‐ぶん【通分】

[名](スル)分母が異なる二つ以上の分数を、大きさは変えないで、それぞれ共通な分母の分数に直すこと。約分倍分を用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

通分【つうぶん】

分母の異なるいくつかの分数を,各分数の値を変化させずに同じ分母公分母)をもつ分数に直すこと。ふつう公分母は各分母の最小公倍数公倍数)とする。→約分

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つうぶん【通分】

いくつかの分数があるとき,それらの各分数の分母,分子に適当な数をかけて,分母を共通にすることを通分するという。共通の分母としては,与えられたいくつかの分数の分母の最小公倍数をとればよい。これは,分数の加法,減法を行うときや,分数の大小を調べるときに有効である。例えば,とを通分すれば,となり,ということがわかる。 また,分数式は,とすることができる。【杉江 徹】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

つうぶん【通分】

( 名 ) スル
分母の異なる二つ以上の分数を、その値を変えることなく、おのおの共通の分母をもつ分数にすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

通分の関連キーワード三菱電機コントロールソフトウェアインドの流通分野の外資規制元本払戻金(特別分配金)モリブデン酸アンモニウムイトーヨーカ堂(株)序分・正宗分・流通分交通政策審議会タバコ(煙草)安藤太郎(2)中国の株式市場シミュレーターエコドライブ明電舎[株]般若心経秘鍵海上交通管制東急グループ北海道旭川市ブローデル図書分類法資本家階級

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

通分の関連情報