コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅海老茶 べにえびちゃ

色名がわかる辞典の解説

べにえびちゃ【紅海老茶】

色名の一つ。JISの色彩規格では「暗いみの」としている。一般に、赤みを帯びた茶色のこと。紅色海老茶を組み合わせた色名で、海老茶よりも赤いイメージ。いつごろ登場したかはっきりしないが古い名称ではない。海老茶が女子学生の袴の色として流行したのは明治時代であり、早くても江戸末期かそれ以降と推測されている。和服や和装小物などに用いられている。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

紅海老茶の関連キーワード環境JIS学校用家具国際計量計測用語JISJIS漢字水準旧JISJIS X0221マンセル表色系新JIS試薬

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android