コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅葉羽熊 モミジハグマ

デジタル大辞泉の解説

もみじ‐はぐま〔もみぢ‐〕【紅葉羽熊】

キク科の多年草深山林下に生え、高さ40~80センチ。茎は直立し、葉は手のひら状にやや浅く裂けている。夏、花びらが白く細長い花を穂状につける。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

もみじはぐま【紅葉羽熊】

キク科の多年草。本州中部以西の丘陵の日あたりのよい林縁に生える。高さ約60センチメートル。葉は柄が長く、掌状に中裂。夏から秋、茎頂に白色の小頭花を穂状につける。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

紅葉羽熊 (モミジハグマ・モミジバノハグマ)

学名:Ainsliaea acerifolia var.acerifolia
植物。キク科の多年草

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

紅葉羽熊の関連キーワード丘陵掌状白色

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android