コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅貝 ベニガイ

大辞林 第三版の解説

べにがい【紅貝】

海産の二枚貝。貝殻は扁平の細長い楕円形で、長さ約5センチメートル。殻表は紅色、滑らかで光沢がある。本州・四国・九州の沿岸の砂底にすむ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

紅貝 (ベニガイ)

学名:Pharaonella sieboldii
動物。ニッコウガイ科の二枚貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android