コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅野敏郎 こうの としろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紅野敏郎 こうの-としろう

1922-2010 昭和後期-平成時代の国文学者。
大正11年6月19日生まれ。昭和43年早大教授。のち山梨県立文学館長。近代文学全般の調査・研究をすすめ,「志賀直哉全集」などの校訂,編集にたずさわる。日本近代文学館の創設,運営につくし,また国語審議会委員をながくつとめた。平成22年10月1日死去。88歳。兵庫県出身。早大卒。著作に「文学史の園」「昭和文学の水脈」「遺稿集連鎖」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

紅野敏郎の関連キーワード私小説(わたくししょうせつ)和解(志賀直哉の小説)虫のいろいろ谷中村滅亡史あの日この日木下杢太郎城の崎にて長谷川時雨滝井孝作藤枝静男暗夜行路尾崎一雄転向文学新しき村女人芸術本多秋五阿川弘之駒田信二千家元麿生方敏郎

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android