コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紋章衣 もんしょうい

1件 の用語解説(紋章衣の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

もんしょうい【紋章衣】

ヨーロッパの紋章は,騎士制度が生まれた12世紀初頭,まず南西フランスに出現し,急速に各地に普及する。十字軍騎士にとっては,それが不可欠の参加章で,騎士団ごとに楯,旗,冑ばかりか,鎖帷子(かたびら)の上に着るマントシュルコ(陣羽織)にもつけられた。こうして成立した紋章衣は,13世紀から15世紀にかけて,家柄や身分を重んずる封建社会の風習と結びつき,男女を問わず,騎士家系の家族一般の衣服に及び,紋章の意匠も,夫妻の双方の家紋が交わるなどして,複雑多彩になっていった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

紋章衣の関連キーワード北ヨーロッパ南ヨーロッパヨーロッパ共同体ヨーロッパ通貨制度ヨーロッパ連合ヨーロッパトルコヨーロッパロシアヨーロッパ農業指導保証基金ヨーロッパの火薬庫ヨーロッパ級

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone