紋羽(読み)もんぱ

精選版 日本国語大辞典「紋羽」の解説

もん‐ぱ【紋羽】

〘名〙 綿布一種。綿フランネルに似て、地質が厚く粗く、柔らかく、毛ば立たせて織ったもの。多く肌着足袋裏や帯芯(おびしん)に用いられた。和泉国(大阪府)樽井地方で織り出された。江戸中期、寛保年間(一七四一‐四四)に紀伊国(和歌山県)で売り出され、もとは孫六織といったものを、明和四年(一七六七)に改名したもの。
※洒落本・田舎芝居(1787)二立目「切竹を染たる伊達浴衣に、虎班(とらふ)を打たるもんぱの帯」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「紋羽」の解説

もん‐ぱ【紋羽】

綿布の一種。地質が粗く、柔らかで、けば立ったもの。足袋裏や肌着に用いられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の紋羽の言及

【泉南[市]】より

…江戸時代には多くの村が岸和田藩領となったが,街道交通の要地である信達市場(しんだちいちば)には紀州藩主が宿泊する本陣が置かれ,また市も開かれてにぎわった。近世以来綿花が栽培され,それを原料にした和泉木綿,紋羽(もんぱ)(かつて足袋底の内側などに使われた目の粗い綿布)の産地となった。第2次大戦後,太糸紡績中心の小零細な特繊紡績業が集中し,泉州繊維産地の一部を形成している。…

※「紋羽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android