納め取る(読み)おさめとる

精選版 日本国語大辞典 「納め取る」の意味・読み・例文・類語

おさめ‐と・るをさめ‥【納取・収取】

  1. 〘 他動詞 ラ行四段活用 〙
  2. 年貢をとりたてる。年貢や税金を納入させる。
    1. [初出の実例]「十二に曰はく、国司(くにのみこともち)、国造(くにのみやつこ)百姓(おほむたから)に斂(ヲサメトラ)(ざ)れ。国に二の君非(あら)ず。民に両の主(あるじ)無し。率土(くにのうち)の兆民(おほむたから)は、王(きみ)を以て主(あるじ)と為」(出典日本書紀(720)推古一二年四月(岩崎本訓))
  3. (物や金銭などを)受け取って自分のものにする。また、(意見、忠告などを)受け入れる。
    1. [初出の実例]「黄金を地に棄てければ、『此上は力無し』とて金を収(ヲサメ)取て地を与え被る」(出典:太平記(14C後)二四)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android