コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

納め宿 オサメヤド

デジタル大辞泉の解説

おさめ‐やど〔をさめ‐〕【納め宿】

江戸時代、江戸・大坂へ回漕されてきた年貢米御蔵納入や払い米の仲介を請け負った業者。株仲間を組織して冥加金を幕府に納め、手数料を支給された。元来は、年貢米を回漕してきた百姓が、水揚げから御蔵納入までの間、滞在した指定の旅宿。大坂では蔵宿とも呼んだ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おさめやど【納め宿】

江戸時代、江戸・大坂などへの年貢米回漕の際、御蔵納入の事務を引き受けた請負業者。株仲間を結成。元来は、回米を担当した百姓が滞在した指定の宿をさした。蔵宿。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

納め宿の関連キーワード江戸時代回米

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android