コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔵宿 くらやど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蔵宿
くらやど

江戸時代,浅草蔵前に店 (たな) を張って旗本御家人蔵米を受取りその売買を行なった札差や,大坂回米水揚げから納入までを引受ける納宿 (おさめやど) のことをこう呼んだ。別に大名領で,藩士の知行米の管理や出納を行う役人,年貢米の売却のため集散地においた御用商人などもさした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

くらやど【蔵宿】

料金を取って品物を保管しておく所。
江戸浅草蔵前に住んだ札差ふださし。また、その店舗。
大坂の納め宿の別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蔵宿
くらやど

江戸時代の商人。幕藩領主の蔵米の出納を世話した業者とその店舗(てんぽ)。(1)江戸では浅草蔵前(くらまえ)で旗本・御家人(ごけにん)の俸禄(ほうろく)米の受領、売却を世話し、高利貸しを行った札差(ふださし)の別称。(2)金沢藩では藩士知行(ちぎょう)米の管理、出納、販売を請け負った米穀商人をさし、江戸と同じく札差ともよんだ。(3)大坂では納宿(おさめやど)の別称で、年貢米を運送する船を世話し、水揚げ、御蔵納めの職人の指示などを請け負った商人をいう。[北原 進]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

蔵宿の関連キーワード小矢部[市]丈部不破麻呂新湊[市]江戸時代田中其汀武蔵武芝改作法蔵宿師大蔵館品物別名麦水御蔵

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android