納取・収取(読み)おさめとる

  • おさめと・る をさめ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘他ラ四〙
① 年貢をとりたてる。年貢や税金を納入させる。
※書紀(720)推古一二年四月(岩崎本訓)「十二に曰はく、国司(くにのみこともち)、国造(くにのみやつこ)、百姓(おほむたから)に斂(ヲサメトラ)(ざ)れ。国に二の君非(あら)ず。民に両の主(あるじ)無し。率土(くにのうち)の兆民(おほむたから)は、王(きみ)を以て主(あるじ)と為」
② (物や金銭などを)受け取って自分のものにする。また、(意見、忠告などを)受け入れる。
※太平記(14C後)二四「黄金を地に棄てければ、『此上は力無し』とて金を収(ヲサメ)取て地を与え被る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android