紐虫(読み)ヒモムシ

精選版 日本国語大辞典の解説

ひも‐むし【紐虫】

〘名〙 紐形動物の総称。大部分のものは海岸の石の下や海藻の根部の間にみられる。体長五~三〇センチメートルほどの紐状で背腹に平たく、頭・胴・腹部に分かれる。口は腹部の腹側にあり、消化管の背面に、吻(ふん)を納める吻鞘(ふんしょう)という空所がある。吻鞘の孔は口の前方または口と共通しており、そこから長い吻を出して小形の動物を捕える。雌雄異体。〔生物学語彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android