コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

純型肺動脈弁閉鎖(症) じゅんけいはいどうみゃくべんへいさしょう

1件 の用語解説(純型肺動脈弁閉鎖(症)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

じゅんけいはいどうみゃくべんへいさしょう【純型肺動脈弁閉鎖(症)】

 肺動脈弁図「中隔、弁膜の位置と名称」)が完全に閉じている状態で、右心室(うしんしつ)が小さくなっています。
 右心室の容積がある程度あれば、カテーテル治療先天性心疾患とはの「内科的治療」のカテーテル治療)か右室流出路再建術が行なわれます。手術は、心室を2つにする手術になります。
 右心室の容積が非常に小さければ、体肺動脈短絡(たんらく)術(先天性心疾患とはの「外科的治療」の体肺動脈短絡術)を行ない、最終的にフォンタン型手術をします。
 いずれも、乳児期か幼児期のうちに治療を完了します。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone