紗幕(読み)シャマク

大辞林 第三版の解説

しゃまく【紗幕】

紗のような薄手の生地で作った幕。幕の内側の人物などにその後方から照明を当てると幕に透けて映し出され、幕の前方から照明を当てると幕には映らないので、演劇の舞台などで用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の紗幕の言及

【舞台美術】より

…アッピアの場合,舞台装置は基本的には固定していたが,絶えず変化する照明が舞台に表情を与え,象徴的な表現を示したのである。照明と密接に結びついて表現する装置の一つに紗幕(しやまく)がある。照明の強弱により,紗幕を透かして幕の向こうが見えたり消えたり,またおぼろに見えたりする。…

※「紗幕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紗幕の関連情報