(読み)しゃ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


しゃ

からみ織の一種で、経糸(たていと)2本が絡むごとに緯糸(よこいと)一越(ひとこし)が交錯したもっとも簡単なからみ織組織である。一般に綜絖(そうこう)2枚と、からみ綜絖1枚を使って製織する。この紗を地として、紋を平(ひら)、綾(あや)などの組織で表した紋紗、金糸を織り込んだ金紗(京都竹屋町で織られたので竹屋町(まち)ともいう)などがある。

 紗は古代に少なく、正倉院にも数点が遺存するだけであるが、時代が下るにしたがって増加し、近世初頭には中国の明(みん)の技術が移入され、堺(さかい)では金紗が生産されるようになった。紗にあたるゴーズGauzeは、小アジアの一都市名で、ここで創始されヨーロッパへ発展したという。また日本でも東北地方の「あせはじき」などの農民服に紗がみられ、プレ・インカ裂(ぎれ)にも多くみられるので、織技(しょくぎ)の発展過程で、いずれの地域でも生み出される組織であったとみられる。わが国では、盛夏の着尺地、羽織地、袈裟(けさ)地、篩絹(ふるいぎぬ)などに使われる。

[角山幸洋]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


しゃ

織物の名称。2本の経糸を1本の緯糸にからませるところから搦織 (からみおり) とも捩 (もじり) ともいわれる織物一種通気性に富み,清涼感にいでているところから,盛夏用の着尺や羽織地に用いられる。中国の秦・代にはすでにこの語がみられるが,それらは無文紗と考えられる。 10世紀末頃から有文紗も織られた。正倉院には紗の資料は少く,屏風にその例をみるだけであるが,平安時代には貴族衣服に流行したことが知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

紗【しゃ】

からみ織りのごく薄地の織物。強撚(きょうねん)糸を用いて緯(よこ)糸を経(たて)糸2本でからめていく。絹が多いが近年は化繊や合繊もある。模様を織り出した紋紗,二重織の紗風通などがあり,玉糸を交織した紬(つむぎ)風の粋紗(すいしゃ)も平織組織だが紗と呼ぶ。通風よく涼感があるので(うすもの)と称され夏の着物,羽織,ふとんなどにする。
→関連項目織物絹織物古代裂

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃ【紗】

〘名〙 生糸を絡織(からみおり)にした織物。目があらく、薄くすき通っていて軽いので、帷(とばり)や夏羽織などに用いる。うすぎぬ。うすはた。うすもの。《季・夏》 〔十巻本和名抄(934頃)〕
※俳諧・田舎の句合(1680)七番「何と夏羽織縮緬は重し紗は軽し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さ【紗】[漢字項目]

人名用漢字] [音]サ(漢) シャ(呉)
〈サ〉薄い絹織物。うすぎぬ。「袱紗(ふくさ)
〈シャ〉生糸で織った目の粗い織物。「金紗
[名のり]すず・たえ
[難読]紗綾(さや)更紗(サラサ)羅紗(ラシャ)

しゃ【×紗】

生糸絡み織りにした織物。布帛(ふはく)面にすきまがあり、軽くて薄いので、夏物の着尺(きじゃく)・羽織地とする。うすぎぬ。うすもの。紗織り。さ。 夏》

さ【×紗】

しゃ(紗)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しゃ【紗】

綟り織(もじりおり)の一種。経糸2本を組織単位とし,その一方が搦み経(からみだて)となって,他の一方の地経(じだて)の左右に搦みながら組織される織物。一般に経緯に生糸を用い,強い糊を施して織り上げ,製織後に精練染色,仕上げを行う。紗はと同様に,中国においてきわめて古い歴史をもつと考えられるが,羅より一層耐久性に乏しいためか,漢から隋・にかけて出土する羅ほど多くの例をみない。日本では平安以降〈うすもの〉と称して,装束類の夏衣料に広く活用されてきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android