コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紡錘体 ぼうすいたいspindle; spindle body

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紡錘体
ぼうすいたい
spindle; spindle body

細胞の有糸分裂における前期の終りから中期にかけて,核の原形質が分裂の軸の方向に長く集り紡錘形を呈するもの。その際核質の染色質はいわゆる染色体となり,非染色質がこの紡錘体を満たしている。紡錘体は,多くの細糸が円錐を2つ合せた形に並んでつくられているが,これらの糸を紡錘糸といい,染色体の動原体と極 (円錐の頂点) を結ぶ糸を動原体糸といい,ともにチュービュリンを成分とするミクロチューブルあるいはその束である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼうすい‐たい〔バウスイ‐〕【紡×錘体】

細胞の有糸分裂の中期から終期にかけて現れ、染色体の極への移動に関与する繊維性の構造。両極赤道面に並ぶ染色体とを結ぶものと、両極間を結ぶものとからなり、紡錘形をなす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼうすいたい【紡錘体】

有糸分裂をしている細胞に前期の終わりから後期の初めまであらわれている紡錘形の構造。紡錘糸と呼ばれる多数のタンパク質性の糸状構造物からなる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

紡錘体の関連キーワードヘルトヴィヒの細胞分裂の法則セントロメアゾウリムシコルヒチン体細胞分裂感覚器官ホドイモ無糸分裂分裂装置中心体筋紡錘核板