紫の朱を奪う(読み)ムラサキノアケヲウバウ

デジタル大辞泉の解説

紫(むらさき)の朱(あけ)を奪う

《「論語」陽貨から》古代正色とされていた朱にかわり、孔子のころには間色であるが好まれるようになったところから、まがいものが本物にとってかわり、その地位を奪うことのたとえ。また、似て非なるもののたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むらさきのあけをうばう【紫の朱を奪う】

〔「論語陽貨」中間色の紫が正色の朱を濁らせる意から〕
佞者ねいしやの言葉が用いられ、正論が疎んぜられること。また、似てはいるが全く違うこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

むらさき【紫】 の 朱(あけ)を奪(うば)

(「論語‐陽貨」の「子曰、悪紫之奪一レ朱也」から、中間色の紫色が正色の朱色に混じると色を濁すという意で) 贋物(にせもの)が本物を乱すたとえ。また、似ているが違うもののたとえ。
※徒然草(1331頃)二三八「ただ今御所にて、紫の朱うばふことを悪むと云文を御覧ぜられたき事ありて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android