紫の朱を奪う(読み)ムラサキノアケヲウバウ

デジタル大辞泉の解説

紫(むらさき)の朱(あけ)を奪う

《「論語」陽貨から》古代正色とされていた朱にかわり、孔子のころには間色であるが好まれるようになったところから、まがいものが本物にとってかわり、その地位を奪うことのたとえ。また、似て非なるもののたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むらさきのあけをうばう【紫の朱を奪う】

〔「論語陽貨」中間色の紫が正色の朱を濁らせる意から〕
佞者ねいしやの言葉が用いられ、正論が疎んぜられること。また、似てはいるが全く違うこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android