コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫の朱を奪う ムラサキノアケヲウバウ

2件 の用語解説(紫の朱を奪うの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

紫(むらさき)の朱(あけ)を奪う

《「論語」陽貨から》古代正色とされていた朱にかわり、孔子のころには間色である紫が好まれるようになったところから、まがいものが本物にとってかわり、その地位を奪うことのたとえ。また、似て非なるもののたとえ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

むらさきのあけをうばう【紫の朱を奪う】

〔「論語陽貨」中間色の紫が正色の朱を濁らせる意から〕
佞者ねいしやの言葉が用いられ、正論が疎んぜられること。また、似てはいるが全く違うこと。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紫の朱を奪うの関連キーワード中間色黄緑跡を濁す間色口を濁す朱を注ぐ茶を濁す宜興窯萌葱パステル調

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone