コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫の朱を奪う ムラサキノアケヲウバウ

デジタル大辞泉の解説

紫(むらさき)の朱(あけ)を奪う

《「論語」陽貨から》古代正色とされていた朱にかわり、孔子のころには間色であるが好まれるようになったところから、まがいものが本物にとってかわり、その地位を奪うことのたとえ。また、似て非なるもののたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むらさきのあけをうばう【紫の朱を奪う】

〔「論語陽貨」中間色の紫が正色の朱を濁らせる意から〕
佞者ねいしやの言葉が用いられ、正論が疎んぜられること。また、似てはいるが全く違うこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

紫の朱を奪うの関連キーワード中間色正論

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android