間色(読み)カンショク

デジタル大辞泉の解説

かん‐しょく【間色】

原色と原色との間の、柔らかい感じの色。2種以上の原色の混合によって生じる色。中間色。
画面の調和を保つため、光の当たっている部分と陰とを、柔らかくつなぐ色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんしょく【間色】

原色と原色の間の、やわらかい感じの色。また原色を混ぜ合わせてできた色。中間色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

間色の関連情報