コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間色 カンショク

デジタル大辞泉の解説

かん‐しょく【間色】

原色と原色との間の、柔らかい感じの色。2種以上の原色の混合によって生じる色。中間色。
画面の調和を保つため、光の当たっている部分と陰とを、柔らかくつなぐ色。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんしょく【間色】

原色と原色の間の、やわらかい感じの色。また原色を混ぜ合わせてできた色。中間色。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

間色の関連キーワード嗇・嘱・囑・拭・植・殖・燭・織・職・色・蝕・触・觸・食・飾タンジャリンオレンジアンチエイリアシング五色(仏教用語)バイナリー画像エイリアシングエビガラスズメパステルカラーマンセル表色系コントラストディザリング紫の朱を奪うセンニチコウgraygeチグリジア坂本繁二郎ラケナリアタイリングパステル調アナナス類

間色の関連情報