累遷(読み)るいせん

精選版 日本国語大辞典「累遷」の解説

るい‐せん【累遷】

〘名〙 官職がどんどん進みのぼること。
※続日本紀‐天平宝字六年(762)九月乙巳「勝宝五年授従三位遷至中納言兼文部卿神祇伯」 〔漢書‐蕭望之伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「累遷」の解説

るい‐せん【累遷】

[名](スル)累進1」に同じ。
「英軍と戦い奇功を建て、―して一面の将となる」〈東海散士佳人之奇遇

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「累遷」の解説

【累遷】るいせん

累進。〔漢書、望之伝〕白(まう)すの處、奏して皆可とせらる。諫大夫・丞相司直に累す。中に三たびり、官二千石に至る。

字通「累」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android